● 年長組お泊まり保育

毎年年長さんになると、夏休み前に幼稚園でお泊り保育をしています。

「登園」

子どもたちは、大きな荷物を、うんこらしょと持って、ちょっと緊張した顔つきで登園して来ました。

※写真をクリックすると大きく表示します。

「開会式」

前もって決めていたグループ通りに並んで、注意事項を聞いたり、担当の先生の紹介をしました。 今日は先生たちは、みんなのお母さんだよ~(^○^)と言うと、子どもたちからは「ワー」とか「「エー」とか 歓声が上がりました。みんな、どんなこと思っていたのでしょう・・・

「班長さん、副班長さん」

その後は、各グループの班長さん、副班長さんを決めました。 皆立候補してましたよ。やる気満々です!! 決まったら、グループの先頭に班長さん、一番後ろに副班長さんが付きます。 そして、早速のお仕事人数確認をして、担当の先生に報告します。

「お寺の本堂へのお参り」

お泊り保育の間、みんな仲良く、そしてケガをしないようにお守りください・・・ 皆でお願いしました。

「水遊び」

開会式の後は、水遊びと夕飯のカレーの準備です。 水遊びでは、思いっきり水を浴びたり、プールの中で渦巻きを作ったり 時には水を友達同士掛け合ったりして遊びました。 先生も頭からずぶ濡れです・・・

「カレー準備」

前日から、じゃが芋を洗ったり、玉葱の皮をむいて当日は、夕飯のカレーのじゃが芋を、みんなで切りました。 猫の手をして上手に包丁を使えました。

「エビカニニクス」

おやつ飲んだら、少し休憩して、キャンプファイヤーの出し物の練習をしました。 今年は、ケロポンズの「エビカニニクス」です。 運動会のお昼休憩にもしますので、お楽しみに~(^○^)

「外遊び」

夕飯までに時間があったので、園庭で思いっきり遊びました。 グループ別に、大好きな築山の上でお写真も撮りました。 汗だくになって遊んだあとは、先生に汗を綺麗に拭いてもらって、スッキリ!!

「夕飯 カレー」

夕飯準備が終わって、プールや外でしっかり遊んだら、そろそろお腹がすいてきました。 夕飯は、子どもたちが大好きなカレーです。 お代わりもほとんどの子どもたちがしました。 食べっぷりがすごかったですよ~(^○^)

「キャンプファイヤー」

神村先生に沢山楽しいゲームをして頂きました。 段々薄暗くなってきたら、そろそろ火の国の王様がお見えになる頃です。 火の国の王様をお呼びする儀式は、「火の国の王様、ハッハー」と、両手を上から下におろし頭を下げます。 頭を下げている間は、火の国の王様を見てはいけません。 お約束なんです・・・ 火の国の王様が来られたら、そっと顔を上げて、トーチから火を分けて頂きます。 「優しさの火」「親切の火」「幸せの火」「ありがとうの火」「思いやりの火」「友達の火」 代表の子どもたちが火を分けてもらい、点火します。 燃えろよ燃えろをみんなで歌いました。 火を分けて頂いたら、火の国の王様はお帰りになっり、又楽しいゲームの始まりです。 最後に、子どもたちの出し物エビカニクスで締めくくりました。

「花火」

キャンプファイヤーが終わったら、最後に神村先生方により花火をして頂きます。 色とりどりの、打ち上げ花火が沢山あって、子どもたちも大興奮でした(^○^)

「就寝」

歯みがきをして、お風呂に入ったら、パジャマに着替えてお布団です・・・ 本年度は、クラスごとに教室にお布団を敷いて寝ました。 子どもたちは、皆で一緒に寝ることがとても嬉しい様子でしたが、お話を読んでいるうちに、あっという間に夢の中・・・ 夜中には、ゴロゴロ動き回って、お友だちの上に乗ってしまったり、お布団から出てしまう子どもたちがたくさんでしたが、 子どもたちの寝顔を見て、ホッと癒されながら子どもたちをお布団の上に一人一人抱き上げてお布団に戻しました・・・

「起床」

まだ朝5時30分なのに、いつもと様子が違うからか、一人二人と目を覚まします。 「まだ寝ているお友達もいるから、静かにね。」と話しても、あっという間にみんな目を覚ましてしまいました。 皆で、シーツやお布団をたたんで、パジャマを着替えます。 女の子は、髪も綺麗に結び変えないとね(^○^) その間に、先生たちは、お布団を別の部屋に運んだり、朝ごはんを作ったり・・・

「ラジオ体操」

朝食前に、ラジオ体操をしました。 朝ごはんがしっかり食べられるかな?

「朝食」

朝食のメニューは、スクランブルエッグ・ソーセージ・パン・飲物・パイナップルです。 皆あっという間に完食。おかわりする子どもたちもいました(^○^)子どもたちは、朝から元気!!

「閉会式」

朝食が終わったら、荷物整理をして閉会式です。 保護者の方々も参加して下さいました。 子どもたちは、おとまり保育での出来事を振り返ったり、園長先生から「終了証書」とお土産を頂きました。 自分の事は自分ですることが出来、お友だちと助け合い協力することが出来た一泊二日のお泊り保育・・・ 子どもたちは自信満々に誇らしい顔をして、一日ぶりに会ったお家の方と嬉しそうに帰っていきました。

アルバムメニューへ

このページのトップヘ